どうも!こんばんは!

今日は残業で遅くなりました!!


カルロスはニンニク、私はシイタケを作っております!!(実際シイタケ作ってるのは私ではなく私の施設のメンバーさんたちですが・・・)


どちらも農業!!・・・ということで(笑)


今日は、ちょこっとオメガトライブ分析をしてみようと思います。


で・・・


カルロスベスト1



その前に、これ!ベスト盤です。よく聴いてます♪


カルロスベスト2



こちらは最近購入、8曲目をよく聴いてます♪(曲名を当ててください♪)

そう、カルロストシキ&オメガトライブ(1986オメガトライブ)の曲は、必ず
男性目線の歌詞なんですよね。

しかも一人称。

なので、なんとなく、カルロスのイメージから、甘いマスクの若い男性から口説かれているような錯覚を起こします。(え?私だけ??)(笑)


完全に一人称であるところが、他のバンド・・・例えばミスチルさんとかスピッツさんとかとちょっと違う感じなのかな~~って思います。(あくまで私的見解ですが)

どちらかというとBz(ああ、点が打てない・・・)さん拠りなのかな~~なんて思います。

でも、そこはカルロス。Bzさんとは違って、あくまで若くてかわいい男性が抱く恋心、を醸し出しているワケですよん。

ちがーーーう!!。。。と思っても、反論しないでくださいね(笑)。


やはり、カルロスの魅力は甘いマスクと甘い声、なんですよね!!


では、また明日!!

明日もブログ見てね~~~。宜しくお願いします!